CAD資格

資格とは、実務熟練者も高学歴者も無視できない存在

不況が長引く日本。企業は、即戦力を求める傾向にあります。大学生も学歴に甘んじなくなり、インターンシップ制度を利用したり、専門学校に通うケースが増えてきました。即戦力と口でいうのは簡単ですが、実務経験がない者にとっては酷な話です。では、未経験者はどうすればいいのでしょうか? その答えのひとつが、資格の取得なのです。最近の資格は、机上の理論だけを問うだけでなく、実務に直接活かせる総合力を試すものが増えてきました。すなわち資格とは、希望の将来像に近づけるための強力な武器なのです。また経験者にとっても、資格とは、さらなるスキルアップを約束するツールなのです。実務はある特定の部分に偏りがちで、その分野を全体的に網羅したものではないからです。一方で全体を包括しているのが資格なのです。

Adobe認定資格の使い道は、ITだけではない

Illustrator、Dreamweaverなど、ビジュアル製作ソフトで、数多くの傑作を生み出してきたのがAdobe(Adobe Systems Incorporated)。そのAdobe製品の習得具合をみる指標となるのが、Adobeが用意する「ACE(アドビ認定エキスパート)」「ACP(アドビ認定プロフェッショナル)」「ACI(アドビ認定インストラクター)」「AATC(アドビ認定トレーニングセンター)」の4種の資格となります。「ACE」と「ACP」はともに、Adobe製品に関する専門知識を認定する資格。それぞれ対象とする製品が異なります。「ACE」がIllustrator、InDesign、Photoshopなど従来のAdobe製品、「ACP」がDreamweaver、FlashなどMacromedia系の製品を対象としています。「ACI」は、「ACE」と「ACP」よりも高レベルの専門知識を試す資格。「ACE」を少なくとも1科目合格した上で、インストラクターとしての資格をもつことを証明しなければなりません。最高レベルとなる資格が「AATC」。先の「ACI」に登録した上で、Adobeコースの開講を含め、幾つかの条件をクリアする必要があります。いずれの資格も、IT業界のみならず、DTP、コンサルタントをはじめ様々な業界から注目を集めています。

CA社製品の高度な技術をマスターした資格、それが「CACP」

IT起業のCA(コンピュータ・アソシエイツ)社が主催する資格として、「CACP(CA Certified Professional)」があります。これは、CA社製品の知識や技術を問う資格。具体的には、PCのセキュリティー向上を図るBrightStorストレージ製品について、知識や使いこなす能力を問う内容となっています。主な受験対象者は、コンサルタントやエンジニア。「CACP」を取得すれば、CA社製品に関する知識・スキルで高い評価が得られます。さらに、シマンテックによる技術トレーニング、セミナー、特別イベントへの招待や、割引料金での受講が可能となります。また、CA社の教室の一部を間借りして、オプションとなる製品のトレーニングやインストールもできるようになります。

CADは、基礎知識だけで手に職がつく資格

CADとはComputer Aided Design& Draftの略称で、図面作成をPCの画面上で行うことを指します。図面作成は、これまで人の手による作業でしたが、短時間かつ正確にできるようになったのです。また、基礎知識を覚えるだけで経験の浅い方でも、熟練者に匹敵する図面が描けるのも特筆に価します。CADが活かせる業界は、土木・建築、インテリア、アパレル、機械、電気、さらには福祉も。活躍の場は非常に幅広く、今後も増加が予想されます。CADにも資格試験があり、1級、2級を用意する「CAD利用技術者試験」、1級、準1級、2級が設定された「3次元CAD利用技術者試験」に大別されます。「CAD利用技術者試験」は2次元の図面トレースを問うもの。一方で「3次元CAD利用技術者試験」は、3次元も対象とした資格。図面の読図能力や周辺知識もさらに要求されることに。機械・電気関連の業界では、3次元の方が求められます。

CGはゲーム、映画だけではない! 産業、学術分野でも人気の資格

コンピューターグラフィックスを指すCGは、PCで絵を描く技術。2次元だけでなく3次元を描写するのも当たり前になってきております。CGといえばwebサイト、テレビ番組、ゲームソフト、映画が思い浮かびますが、設計やデザインもできることから、視覚的にシミュレーションを行うことも可能。よって、クリエイティブとはあまり呼ばれない業界でも注目を集めています。また、PCや携帯電話で動画が手軽に送受信できるようになっているので、動画への需要も高まっております。CGに関する資格としては、1つが「CGクリエイター検定」。アニメーションやゲームの制作を中心に意識した資格で、ソフト活用能力、表現力を問うもの。絵コンテ・シナリオ・予算・日程に関する一定条件の下で、挑まねばなりません。もう1つの資格が、「CGエンジニア検定」。産業や学術の分野が主な対象となり、ソフトだけでなくハードの知識、さらにはシステム開発能力も試されます。こちらも一定条件が課され、開発目標・予算・作業工程なども加味しなければいけません。

CAD資格は以下のワードで検索されてます

cad資格/cad資格試験/cad資格 土木/cad資格 機械/cad資格 初心者/cad資格取得/cad資格 本/cad資格とは/cad資格 海外/cad資格 勉強/cad資格 意味 ない/cad資格 いらない/cad資格 一覧/cad資格 意味/cad資格 おすすめ/cad資格 通信講座 おすすめ/cad資格 過去問/cad資格 求人/cad資格 建築/cad資格 国家資格/cad資格 講座/cad資格 最短/cad資格 仕事/cad資格 種類/cad資格 就職/cad資格 職業訓練/cad資格 試験/cad資格 スクール/cad資格 通信/cad資格 転職/cad資格 テキスト/cad資格 難易度/cad資格 ハローワーク/cad資格 働きながら/cad資格 費用/cad資格 福岡/cad資格 難しい/cad資格 メリット/cad資格 ユーキャン/cad資格 履歴書/cad資格 学校/cad資格 合格率/cad資格 独学/cad資格 勉強方法/jw cad資格/cad資格 2級/2d cad資格/3d cad資格